福岡でお困りごとの相談をするなら、福岡の行政書士 街の法務オフィス竹内へ。自転車事故、自動車事故などの交通事故相談、遺言・相続、外国人の在留許可、免許などの書類作成、会社の設立、事業承継・後継者問題、著作物の判断と契約書の作成など、法律の書類作成ならご相談ください。

自転車事故相談 1-1 自転車にぶつけられた。治療費はどうすればいい?その 1

とにかく事故直後に相談においで下さい

  1. まずあなた自身で人身事故扱いにすることが第一
  2. すぐに整形外科で車並みの精密検査をしましょう
  3.  専門家にすぐに相談しましょう

1.  まずあなた自身で人身事故扱いにすることが第一

相手が子供、学生、フリーター、若者、女性、老人、外国人等の誰であっても、必ず警察へ届けましょう。

相手に対する同情や配慮は二の次にしましょう。自分に対する賠償を追及するにしても警察による事故証明が取れないと、かなり苦労します。もともと自転車による事故の場合、賠償の手立てが少ないですが、

  1. 事故証明が出ない、それ以前に加害者が誰であるか特定できないではすべて損害は自分で背負うしかないことになります。
  2. 人身事故の届け(「交通事故経過診断書」を警察に提出)がないと(第3者の加害行為による受傷の届けないので)ご自分の健康保険での治療についても受け付けない病院もあります。

人身事故扱いでないと、後の賠償交渉の時に、「あくまで物損事故でしょう」と居直られたり、賠償額を減らされたりすることになりかねません。

また加害者の氏名・住所・所属を記録しましょう。車のようなナンバーが自転車にはありません。加害者という人を確実に記録しないと請求先がないことになります。

加害者は逃げないで、被害者を救済して下さい  !!

自転車で事故を起こしたら、気持ちを切り換えて被害者を救済してくだださい。車と違ってナンバーはないし、元々免許証もないので、「このまま逃げてもわかりはしない」と思う人もいるかもしれません。これは場合によっては「ひき逃げ犯」として警察に追われることになります。起こったことは仕方ありません。ここでは被害者の救済・治療に付き添ってください。何ともなさそうでも、検査で何ともないことを確認するまで責任を持って下さい。

たとえ歩行者側の不注意もあったと思われるときでも、必ず警察へ届け、必ず病院にいきましょう

なぜでしょうか  ??  車道や自転車の通行指定部分を走る自転車の前に飛び出したなどを除くと、明らかに自転車は、歩行者の安全を確保しながら走行する義務があるからです。自転車に乗るのに免許はいらず、誰でも乗れる便利さはありますが、歩行者に対しては、安全に配慮する義務を負っているのです

診断書「交通事故経過診断書」を警察に出して、人身事故扱いにしましょう

 後日に必要な対応

自転車同士でぶつかって、80代の老婆が尻餅をつき、腰骨を折り、2ヶ月の入院となったケースでも、病院の診断書を警察に出さないと、人身事故扱いになりません。人身事故扱いにならないと、後遺障害についての賠償を受けられない危険性があります。そもそも自転車では、車の自賠責と違い、後遺障害認定制度がありませんので、保険会社による認定になります。これに異議がある場合は、裁判に訴えるしかありません。よって、被害者は御自身を守るためには、しっかり診断書を出して、人身事故扱いという公的証明を確保するが第一です。

事故届けや人身事故扱い等についてわからないときは、福岡の交通事故の専門家にご相談下さい

2.  すぐに整形外科で車並みの精密検査をしましょう

ケガをしたら、加害者を伴って、すぐに病院に必ず行く

老人、ご婦人、体の弱い人は特に、膝などの足、腰、手を骨折しやすいです。特に膝を地面に付いたら、膝のさらが割れたり、靱帯を断裂したりするケースが多いです。

「たかが自転車がぶつかったくらいで」と被害者自身が思ったら、後で本当に悔やむことになります。「何もなかったら、それでよし」と考え、検査だけはしっかり  車並みにするのが当然です。

自転車に乗っている人の多くは、自転車による事故の傷害やその賠償についてあまり認識がありません。そこで、ケガをしたら、加害者を伴ってすぐに病院に行き、ケガの程度を確認させ、相手側に治療費等の賠償の責任があることを自覚させ、これをまかなえる保険等がないか探させることが大切です

病院では、必ず車と同様レントゲン写真等納得のいく検査をしましょう

車並みの検査と言われてもと迷われるときは、福岡の交通事故の専門家にご相談下さい

3.   専門家にすぐに相談しましょう

警察での人身事故の扱い、加害者側との関係、治療の状況、治療費の工面の問題等の確認と、今後の見通しについて早めに相談されることをおすすめします。

  自転車による加害事故の交通事故無料相談会

事故と被害と関係者の保険等の状況を伺って治療とその後の賠償について見立てとアドバイスを行います。

  自転車による加害事故の交通事故無料相談会

偶数月の第3土曜日の前の金曜日、午後3-7時

場所

福岡市博多区吉塚本町13-50、福岡県合同庁舎5階、福岡県npoボランテイアセンター会議室
地下鉄馬出九大病院前駅3番出口よりJR吉塚駅方面へ徒歩8分
JR吉塚駅県庁側出口を 右へ徒歩3分

主催

npo法人交通事故被害者救済推進協会

お問い合わせ(予約優先)

電話092-834-5685  竹内(行政書士 街の法務オフィス竹内)まで

続きはこちらから