福岡でお困りごとの相談をするなら、福岡の行政書士 街の法務オフィス竹内へ。自転車事故、自動車事故などの交通事故相談、遺言・相続、外国人の在留許可、免許などの書類作成、会社の設立、事業承継・後継者問題、著作物の判断と契約書の作成など、法律の書類作成ならご相談ください。

交通事故相談 Point.6 症状固定の判断は慎重に

  1. 症状固定とは?どうやって決まるの?
  2. 症状固定の話は誰が言い出しましたか?
  3. 症状固定の後の治療は、ご自分の健保で、自己負担ですることになります
  4. 症状固定の後の治療の休業損害(傷害による)慰謝料等請求は認められません
  5. 一部を除いて、「これ以上治療しても効果ない」と納得するまで治療するのが原則

1.  症状固定とは?どうやって決まるの?

  1. 症状固定とは
    自賠責の支払基準で準用される労災保険の「障害等級認定基準」では、「なおったとき」とは、傷病に対して行われる医学上一般に承認された治療方法(中略)をもってしても、その効果が期待し得ない状態(療養の終了)で、かつ、残存する症状が、自然的経過によって到達すると認められる最終の状態 (症状の固定)に達したときをいう。」
    あらい言い方ですが、「手は尽くしたが、これ以上は改善しないとき」です。
  2. どうやって決まるの ?
    医師が症状固定を独断で決めることはほとんどありません。医師が被害者に同意を得て決めることがほとんどです。
    医師から「そろそろ症状固定にしましょうか」と被害者に問い、被害者から特段の反応がないときや、1ヶ月以上被害者が病院の診療を受けていないときは、医師の判断で「症状固定」(この時は、「中止」の扱いになることが多い)になることがあります。
  3. 一旦症状固定になったら,この期日を変えることはまずできない。
    症状固定になると、月々損害保険会社への請求書に添付される診断書に「治癒」或いは「中止」と書かれます。
    一旦症状固定になったら、これを撤回するとか、この期日を変えることはほとんどできないとお考え下さい。

2.  症状固定の話は誰が言い出しましたか?

誰が言い出したか、がキーです。

  1. 損害保険会社の担当者が言い出したとなら,基本的に損害保険会社の支払を抑えたいのが理由です。
  2. 主治医が言い出したときには、損害保険会社の担当者から言われているかまず訊ねましょう。主治医自身の考えならその真意を聞き、ご自身の考えと気持ちをちゃんと伝えましょう。
    1. 現在の症状を確認
    2. どこまで症状が改善するのか
    3. 障害が残るとすれば、どのような障害か、仕事や日常生活でどのような支障があるか
      特に将来、妊娠の可能性のある女性の方は、腰や股関節、膝等の後遺症により、妊娠や出産、子育てにおいてどのような支障があるか、詳しくお聞きになることをおすすめします。
    4. 改善の目標までの治療方針はどうなっているか
  3. なお、患者自らが交通事故の傷害として早めに症状固定(この時は「治癒」ではなく、「中止」)にして、後は私病としてご自分の健康保険で治療を続けることは可能です。

症状固定に納得できない時、迷われている時は、交通事故の専門家に相談しましょう。

3.  症状固定の後の治療は、ご自分の健保で、自己負担ですることになります

症状固定とは、交通事故による傷害としての治療を終えることです。その後、痛みが出るとか、継続してリハビリが必要になる事がありますが、扱いはご自身の健康保険の3割の自己負担で治療を継続することになります。

4.   症状固定の後の治療の休業損害、(傷害による)慰謝料等請求は認められません

症状固定時に、残る障害は、後遺障害認定の対象になります。交通事故で後遺障害が全くないという人は少ないです。問題は、被害者にとって後遺障害であっても、それが後遺障害の等級認定基準に合致しなければ、後遺障害についての賠償は受けられません。

後遺障害の等級認定がなされたら、その等級を目安に逸失利益と慰謝料等を賠償として示談の後に、一時金で支払われます。

症状固定の後は、何回治療に行こうとも、それに対応する休業損害や慰謝料は請求することはできません。(請求しても認められません。)

症状固定後の諸々の費用の負担について確認したい時は、交通事故の専門家に相談しましょう。

5.  一部を除いて、「これ以上治療しても効果ない」と納得するまで治療するのが原則

交通事故は不意に訪れ、加害者はほぼ無傷でほぼ痛みを感じることはありません。被害者のみが痛みに見舞われ、損害保険会社の担当者からはがみがみ言われて、更に傷付けられることもよくあります。

損害保険会社の担当者の言われるママに症状固定して、痛みは残る、心はずたずたという被害者にお会いすることもあります。主治医とよく話した上で、症状固定の結論は出すことをおすすめします。納得がいかない間は、症状固定をせずに治療を継続することが原則です。

なお診断によっては、治療を続けても効果がほとんどないことが分かっていることもあるようです。数ヶ月で症状固定にして、後遺障害の等級認定を早くして、その賠償金を元手に、かなり高度の熟練の必要な手術を受けることが結果的にいい場合もあるようです。