福岡でお困りごとの相談をするなら、福岡の行政書士 街の法務オフィス竹内へ。自転車事故、自動車事故などの交通事故相談、遺言・相続、外国人の在留許可、免許などの書類作成、会社の設立、事業承継・後継者問題、著作物の判断と契約書の作成など、法律の書類作成ならご相談ください。

ちょっと特異な交通事故相談8 高齢者の方へ

  1. 事故に遭ったら、かっこつけずに、とにかく警察で届けを
  2. どこも痛くなくても必ず病院で精密検査を
  3. すぐに福岡の交通事故無料相談会に来て下さい
  4. 治療が長くなると,「加齢による」症状も多くなる?
  5. 症状固定の前にも、交通事故の専門家にご相談下さい 

1. 事故に遭ったら、かっこつけずに、とにかく警察で届けを

若い人から「老人」と思われたくないためか、高齢者は事故に遭ったとき、自分は元気なんだと格好を付ける人がいます。引っかけられたら、とにかく事故届けは出しましょう。

急に飛び出した自転車に驚いて、こけてしまった。自転車とは接触はしていないという場合も、「驚愕による事故」に当たります。

2. どこも痛くなくても必ず病院で精密検査を

歩き始めて、或いは自宅に帰ってから関節が痛いことが分かったりします。

気持ちが元気なのはいいですが、体に何も異常がないことを確認するためにも、必ず病院に行きましょう。

3.  すぐに交通事故の無料相談会に来て下さい

  1. 事故直後から準備しなければならない書類があります。
  2. 事故直後に処理しなければならないこともあります。
  3. 物損の過失割合は、傷害と後遺障害の双方に影響します。

無料相談会1.【交通事故】福岡市早良区ももちと、博多区吉塚で、毎月開催中

無料相談会2.【膝・腰の痛み】見立て(診断)が変わるのも膝が多い

無料相談会3.【自転車加害事故】福岡市博多区吉塚で隔月開催中(偶数月)

無料相談会4.【交通事故相談に】相談がスムーズに進むように、事前に基礎情報を送信してください。

無料相談会5.【交通事故】南九州の10ヶ所で交通事故相談会を毎月開催中

4.  治療が長くなると,「加齢による」症状も多くなる?

高齢者の治療で、相談が多いのが、ある症状が出ているが、主治医がこれは事故との因果関係を証明できない。加齢によるものではないですか?」と言われた、というものです。

また事故前から「どこそこが悪かった」、という事もよくあります。

治療が長くなればなるほど、高齢者では、健康な側とけがした側との差がなくなると言うこともしばしばあります。

5. 症状固定の前にも、交通事故の専門家にご相談下さい

治療が長引いている、症状固定をお考えているが、という時には、ご相談下さい。