福岡でお困りごとの相談をするなら、福岡の行政書士 街の法務オフィス竹内へ。自転車事故、自動車事故などの交通事故相談、遺言・相続、外国人の在留許可、免許などの書類作成、会社の設立、事業承継・後継者問題、著作物の判断と契約書の作成など、法律の書類作成ならご相談ください。

ちょっと特異な交通事故相談4 相手側の損害保険会社が動かないときの後遺障害認定申請や損害賠償請求は?

  1. 後遺障害認定申請は、当然被害者請求で!
  2. 損害賠償請求を損害保険会社が受け付けなければ、加害者に直接請求を!

1.後遺障害認定申請は、当然被害者請求で!

相手側損保が動かないときは、まずすぐに専門家に相談されることをおすすめします。

  1. 自分の健康保険で、事故から1週間以内に、医師に交通事故であることを伝えた上で、精密検査をちゃんとする。
    ここで、お金を出し惜しみして,医師が勧める精密検査をしないでいると、後の後遺障害申請の際に、画像等の証拠がないことになりかねません。
  2. 1ヶ月以上、治療を空けることがないようにする。
    ここでも、お金を出し惜しみして,治療をしない期間が1ヶ月を越すと、それ以降の症状は交通事故と関係ないと言うことになります。(判例による)
  3. 症状固定前に、ここでも専門家に相談されることをおすすめします。後遺障害の等級を得る可能性をたかめるために、一定の検査を主治医にして貰うようお願いすることもあります。
    後遺障害診断書は、相手側の自賠責保険会社  (任意保険会社ではない) から書式を取り寄せ、主治医に書いてもらいます。
    後遺障害診断書を自賠責調査事務所に提出するときも、等級認定の可能性を高めるために、いくつかの書類を補強する方がいいケースがほとんどです。詳しくは交通事故の専門家にご相談下さい。
  1. 必要な別の検査をして貰うために医療機関を探して、診断書を書いてもらう  (セカンドオピニオン)
  2. 日常生活等での支障状況をまとめる
  3. 事故の状況と受傷状況をまとめる

等。

なお、等級が認められると、通知とほぼ同時に後遺障害に対する保険金が振り込まれます。

相手側損保が動かないときは、早い段階で交通事故の専門家に相談しましょう。

2.  損害賠償請求を損保が受け付けなければ、加害者に直接請求!

後遺障害の既払い分を除いて、主に傷害について (症状固定までの)賠償請求書を作成します。

加害者側損保が賠償請求書を受けつけないようなら、加害者に直接請求することになります。

裁判までは考えていない、弁護士が出てくると面倒なので、荒立てずにしたいとお考えの方は、早い段階で交通事故の専門家に相談しましょう。