福岡でお困りごとの相談をするなら、福岡の行政書士 街の法務オフィス竹内へ。自転車事故、自動車事故などの交通事故相談、遺言・相続、外国人の在留許可、免許などの書類作成、会社の設立、事業承継・後継者問題、著作物の判断と契約書の作成など、法律の書類作成ならご相談ください。

ちょっと特異な交通事故相談11 加害者との付き合い方

  1. 直接にあまりせっつかないこと
  2. 損保を通して、加害者に伝える

1. 直接にあまりせっつかないこと

不必要に加害者に、責任を追及したり、荒い対応をしたりすると、加害者が被害者と対応するのを苦にして、早い段階から弁護士を立ててくることがあります。(特に女性の加害者) 。相手側に弁護士が立つと、加害者側の損害保険会社とさえやり取りできなくなる事にもなりかねません。これは被害者にとっては、治療段階でも非常に面倒ことになります。

加害者なのに誠実でないとか、被害者の加害者に対する感情は当然ありますが、当面はご自身が治療に専念しなければなりません。そして、示談までは長いですから、事故直後の被害者自身の動転はわかりますが、加害者も故意にしたことではないはずですから、直接に加害者を責め立てるようなことは余りしない方がいいでしょう。

結果的に悪化してしまった、或いは弁護士が出てきたと言うときは、一度交通事故の専門家に相談しましょう。

損害保険会社を通して、加害者に伝える

加害者に対する要望は、損害保険会社の担当者を通して伝えることです。
これも口頭ではなく、文書を損保経由で伝達して貰う方がいいでしょう。電話は十分事を伝えきれませんし感情的になる嫌いがあります。
どのように書いたらいいか迷われたときは、交通事故の専門家に相談しましょう。