福岡でお困りごとの相談をするなら、福岡の行政書士 街の法務オフィス竹内へ。自転車事故、自動車事故などの交通事故相談、遺言・相続、外国人の在留許可、免許などの書類作成、会社の設立、事業承継・後継者問題、著作物の判断と契約書の作成など、法律の書類作成ならご相談ください。

不意の交通事故に遭われたあなたへ

自転車や自動車の交通事故は不意に訪れます。災難はできるだけ軽減し、いつまでも引きずらず、早く再出発の第一歩を踏み出したいものですね。

  1. 交通事故の対処は、おひとりでは大変です
  2. 行政書士は、交通事故を専門的に扱えます
  3. 交通事故対応の経験を福岡で多く積んでいます
  4. 自転車による加害のケガも、りっぱな交通事故
  5. 円満解決 これがモットーです
  6. NPO主催の福岡の無料相談会は、何回来られても無料です
  7. じっくりお話を伺います
  8. 福岡の行政書士 街の法務オフィス竹内で行っている主な業務は以下の通りです

1.交通事故の対処は、おひとりでは大変です

交通事故は準備なしに来ます。加害者側の任意保険等でしっかり補償を受けることができないことがしばしばです。そして事故に遭ってから一定の損害賠償を受けるまで、その途中のあらゆる場面で、後遺障害が残るのではないか、賠償はちゃんと受けられるのだろうか、と不安になりがちです。

交通事故では、

  1. 治療について医師と対応し、
  2. 治療費や損害については加害者側が任意保険に加入していたら保険屋さんと対応しなければなりません。
  3. 加入していなかったりすると治療費の工面から考えなければなりません。
  4. 働いておられる方は、職場の上司とも対応もあり、
  5. 家族をお持ちの方は家族のことも気になります。

この中でストレスから多くの方が心も病みます。

2.行政書士は、交通事故を専門的に扱えます

行政書士は、行政書士法で、

  1. 権利・義務に関する文書作成
  2. 事実を証明する文書作成
  3. 許認可(交通事故の場合は、後遺障害等級認定)に関する書類の作成と申請代理

をすることができる数少ない交通事故の専門家です。

行政書士が具体的に行うのは、

  1. 事案を確認した上で
  2. 被害者の名前で書類を作成し
  3. 被害者に内容をご確認していただき
  4. 被害者側から発送します。

これによってかなりのことに対応することができます。

3.交通事故対応の経験を福岡で多く積んでいます

私は、NPO法人交通事故被害者救済推進協会の会員となり、研鑽を積み、情報交換もしております。

交通事故の相談を年間に新規で約40件、継続を含めて延べで約150件、それもいろんな当事者の、いろんな段階の相談事を受けてきました。特に継続した相談を続ける事を大切にしてきました。(NPOの福岡の交通事故無料相談会は、何回継続して来られても結構です。)

この経験を元に

  1. 「被害者にとっての考え方の基本」
  2. 「交通事故の相談ポイント」を

時に事例を示しながら、簡潔にわかりやすく解説していきます。

4.自転車による加害のケガも、りっぱな交通事故

自転車による加害でケガだから軽いと言うことはありません。骨折はするし、死亡事故も発生しています。事故直後にしっかりと検査しましょう。加害者やその損保会社から

  1. 治療費だけでなく、
  2. 休業損害
  3. 慰謝料
  4. そして後遺障害に対する賠償も求めましょう。

自転車事故の相談

1-1 自転車にぶつけられた。治療費はどうすればいい?その 1

1-2 自転車にぶつけられた。治療費はどうすればいい?その2

3 自転車による加害。後遺障害は?損害賠償は?

4 自転車で通勤・通学する皆さんへ

5.円満解決 これがモットーです

交通事故による治療は、長引けば長引くほど、体のどこそこで不具合が出てきたり、心が萎えてきたり変調を来してきたりします。適切な治療が行れるならば、あと損害賠償のやり取りもいたずらに争うことなく、円満に解決する事が大切です。

そして元通りとはいかないまでも、一定のたらだと心の状態の中で、交通事故に区切りを付けて次のご自身の人生を歩み出すことが大切です。

福岡の行政書士 街の法務オフィス竹内はそのお手伝いを微力ながらいたしたいと考えています。

6. NPO主催の福岡の交通事故無料相談会は、何回来られても無料です

NPO交通事故被害者救済推進協会主催の毎月の無料相談会は、何回来られても、無料です。

連続16回 (16月) 来られて、後自分で後遺障害等級認定と、示談までされた被害者もおられます。

交通事故は、被害者と加害者の関係、損害保険の関係、事故の程度、治療の程度と経過の度合い、後遺障害の程度、そして被害者の心の具合等いろんな要素が絡み、段階もいろいろです。1回の相談で解決するものではありません。

当NPO主催の毎月の福岡の交通事故無料相談会に、この3年半で、同じ被害者(或いは加害者)で6回以上相談に来られた方が約15人おられます。1回1時間程度ですが、1つずつことを進めていければいいのではないでしょうか。

第3金曜日の福岡市博多区吉塚か、第3土曜日の福岡市早良区ももちか、どちらか来られやすい日、時間帯をその都度選択なさって予約の電話を下さい

無料相談会1 【交通事故】 福岡市早良区ももちと、博多区吉塚で、毎月開催中

無料相談会2 【膝・腰の痛み】見立て(診断)が変わるのも膝が多い

無料相談会3 【自転車加害事故】福岡市博多区吉塚で隔月開催中(偶数月)

無料相談会4 【交通事故相談に】相談がスムーズに進むように、事前に基礎情報を送信してください。

無料相談会5 【交通事故】南九州の10ヶ所で交通事故相談会を毎月開催中

7.じっくりお話を伺います。

交通事故の相談は、初回は1時間から1時間半かかるのが普通です。まずは、じっくり被害者のお話を伺うことを第一と考えています。

どこに相談したらいいか分からなかった、話を聞いてもらっただけでも胸のつかえがおりた、と言われることがあります。

じっくり話をされて、心が安定することで、治療に専念でき、治療効果にも良い影響を与えることになります。

交通事故の被害に遭って困っているあなたへ

8.福岡の行政書士 街の法務オフィス竹内で行っている主な業務は以下の通りです

  • 事故発生状況報告書作成(事故現場、車の見分報告)

後遺障害認定申請関係

  • 後遺障害認定申請(被害者請求)
  • 必要な資料類の取得依頼文書作成(被害者請求、加害者請求とも)
  • 補強する文書類の作成(被害者請求、加害者請求とも)
  • 必要な資料類の整理、調整(被害者請求、加害者請求と)

後遺障害認定に対する異議申立関係

  • 後遺障害認定に対する異議申立(被害者請求)
  • 必要な資料類の取得依頼文書作成(被害者請求、加害者請求とも)
  • 補強する文書類の作成(被害者請求、加害者請求とも)
  • 必要な資料類の整理、調整(被害者請求、加害者請求と)

自賠責被害者請求

損害賠償請求書の作成

(示談後に) 示談書の作成

その他 権利・事実証明に関する書類の作成